アンチエイジングケア、若返り美容術で年齢を感じさせない肌に

紫外線による影響

肌が老化する原因として、紫外線の影響が考えられます。
誰しも、生きている中で太陽の光を浴びています。太陽の光は、気持ちの良いものではありますが、肌にとっては非常に良くないものなのです。百害あって一利なしといっても過言ではありません。
ほんの数分間紫外線を浴びるだけでも、肌にはダメージがあるといわれています。
例えば、晴れている日にたった数分外を歩くだけでも、肌には紫外線が吸収されてダメージが加わってしまうのです。

特に、紫外線の中でもUV-Aという光が肌に大きなダメージを与えます。
この光は、窓ガラスもすり抜ける強い性質のものなので、部屋の中にいても注意が必要なのです。
UV-Aを肌に浴びると、その影響は肌の奥の真皮層にまで到達してしまいます。そして、コラーゲンやエラスチンなどの肌を美しく保つための成分を壊す酵素を増やしてしまうのです。
さらに、皮膚の細胞をも傷つけるため、皮膚の免疫力も低下させます。

このような紫外線による老化を「光老化」と呼んでいます。
若い頃は、肌の抵抗力が強いため、紫外線を浴びても即座にその影響が肌表面に現れません。しかし、年齢とともに紫外線の害が真皮層に蓄積され、さらに加齢によって皮膚本来の抵抗力も弱まっていくため、その影響が如実に現れるようになります。
そのため、光老化を防ぐためには、兎にも角にも紫外線対策をすることが必須なのです。

夏場に外出する際には、日焼け止めをしっかり塗って、日傘を指している人がたくさんいます。特に女性は、日焼けを嫌って対策を万全にしている人が多いです。
しかし、これだけでは不十分なのです。例えば、朝、寝室に太陽光が入ってくるという場合、その紫外線の影響も肌には大きな影響を与えてしまいます。また、洗濯物をベランダに干す数分の間や、ゴミを出しに行ったりコンビニに行ったりするほんの少しの時間でも、紫外線の影響があるのです。
完全に紫外線をシャットダウンするのは不可能なことかもしれませんが、ほんのちょっとの時間でも肌には悪影響を与えるのだということを心に留めておきましょう。

また、冬場にも紫外線はあります。冬になると紫外線対策を怠ってしまう人が多いですが、肌が露出している部分の紫外線対策は夏場同様にしっかり行いましょう。
アンチエイジングや若返りに気を使うのであれば、まずは紫外線対策の徹底が必要です。