アンチエイジングケア、若返り美容術で年齢を感じさせない肌に

乾燥による影響

アンチエイジングケアとして一般的なのは、乾燥を防ぐための保湿ケアです。
アンチエイジングケア用の化粧品には、保湿力の高いものが多いです。
皮膚が乾燥する理由としては、真皮層の水分量が減少するからという理由があります。
赤ちゃんの頃には、80パーセント程度あった水分量は、20歳を境にどんどん減少していってしまうのです。
なぜなら、肌の表面部分である角質層に本来あるバリア機能が弱まってしまうからです。
NMFと呼ばれる天然保湿因子や各汁細胞間脂質、皮脂の量が減少していくことで、肌のバリア機能は低下していきます。その結果、皮膚表面は乾燥し、水分が蒸発しやすい状態になってしまうのです。

このようなメカニズムによって、肌の乾燥が進んでいきます。