アンチエイジングケア、若返り美容術で年齢を感じさせない肌に

細胞の酸化による影響

人間の身体を老化させる大きな要因として考えられているのが活性酸素の増加です。
活性酸素とは、呼吸で体内に入った酸素の一部が変化した物質です。
体内に入った酸素のうち、数パーセントは必ず活性酸素になります。活性酸素には、体内に侵入してくるウイルスを撃退し、身体を守るという良い働きもあります。
しかし、その量が増えすぎてしまうと、その強さゆえに健康な細胞までも傷つけてしまうのです。
活性酸素が過剰に増える原因には様々なものがありますが、その1つに加齢があります。

過剰に増えた活性酸素は、体内で脂質と結合して細胞を酸化させてしまいます。そして、酸化した細胞はダメージを与えられ、本来の機能を果たせなくなってしまうのです。
皮膚細胞の場合では、コラーゲンの生成やエラスチンの生成力が弱まります。

その結果、肌の弾力性が失われ、乾燥やたるみ、シワ、ハリツヤのなさ……様々な肌悩みの原因となるといえます。

活性酸素が過剰に増える原因として、加齢の他にも、紫外線やストレス、喫煙、睡眠不足、栄養バランスの偏った食事などがあげられます。
このような生活習慣に心当たりがある場合には、加齢とともに活性酸素の増加を助長させてしまっているおそれがあります。
アンチエイジングや若返りを求めるのであれば、活性酸素の過剰増加を防ぐための生活習慣の改善が必要不可欠だといえるでしょう。
健康的な体作りのためにも、肌のアンチエイジングや若返りのためにも、今一度生活習慣を改めてみましょう。